保険のお話し

保険のお話し

さて、今回は住まいづくりには関係のなさそうな「生命保険」についてお話しします。
少し面倒な話ですが住まいづくりを考える際にはとっても大切です。

団体信用生命保険
お家を建てる際に利用する「住宅ローン」。
その住宅ローンを契約する際に、必ず必要となるのが「団体信用生命保険」なる掛け捨ての生命保険です。

「団体信用生命保険」とは、住宅ローンを借りている方に「もしも」の事があった場合に、
住宅ローンの残りが0になる保険です。


ゆとりがでる?
「もしも」の事があった場合、遺族年金と呼ばれる年金が、配偶者に支給されることになります。
しかも、お子様が小さいと、上積みされた遺族年金となります。

そして、嫌な言い方ですが「もしも」の事があった場合、その方の生活必要費は0になります。
また、その方専用の自動車があったとすると、その自動車維持費も0です。
ちなみに、自動車の平均的な毎月の維持費は、約7万円と言われています。

つまり、「もしも」の事があると、
住宅ローンの残りが0になり、生活費が大幅に減り、年金収入が入ってくるようになるんですね。
これにもし、配偶者の方に収入があるとすると、結構ゆとりある生活ができませんか?

この様なことから、「もしも」の時に備える生命保険を、必要以上にかけることはない。
ってことになるんですね。

もちろん、その方のご家族のあり方によって違いはできてますし、絶対に生命保険の見直しが必要。
というわけでは、ありません。

でも、知っておくことは重要だと思います。

ついでに医療保険
日本という国は他の国々と大きく違い、公的保険制度の下で保証が十分に整っているといえます。
簡単に言うと、健康保険等の保証が手厚いので、医療保険も必要以上はいらないよ。
ってことなんです。

これについても、簡単に解説してみますね。

医療費の負担割合が30%だというのはご存知だと思います。
100万円の医療費がかかってしまったとすると、その30%である30万円支払う必要がある。
ってことなんですが、実は国民年金をしっかり支払っていると「高額療養費制度」を利用することができます。

高額療養費制度を利用すれば、先程の例の100万円の医療費に対して、実質的な自己負担は10万円以下で済むことになるんです。

それを考えると、毎月5千円も1万円も高額の掛け金で、医療保険を契約する必要性がないんじゃないでしょうか?
それであれば、その分を貯蓄や資産運用にまわした方が合理的に感じます。

まとめ
必要以上の保険に加入していたとしたら、住まいづくりの際に見直すことをお勧めします。

保険って見直すタイミングが難しいですよね。
邪魔くさいので、なんやわからん保険や、保険内容を知らない保険に加入したまんま。
っていう方は、多いのではないでしょうか?

住まいづくりの際に、保険を見直すことによって、もしかしたら月々1万円とか2万円とか捻出できるかもしれません。

住宅ローンを組む際に保険についてもしっかり考えましょう!


分からない事があればお気軽にご相談ください!